So-net無料ブログ作成
検索選択
美術館・博物館 ブログトップ

大倉集古館 [美術館・博物館]

水曜日、午後からの仕事をキャンセルして休むことにしました。
理由の一つは、霊南坂教会チャペルコンサート
この日はパイプオルガンの演奏だけでなく、ソプラノの
披露もありました。

曲目:G.F.ヘンデル オルガンコンチェルトOp.4-2より  序曲、ラルゴ他
             オペラ「ジュリアス・シーザー」より 「うるわしき瞳よ」
             アメージンググレース 他

アメージンググレースは好きな曲の一つです。
パイプオルガンとソプラノで聞いていると思わず涙ぐんでしまいました。
(いい音楽を聴いていると、涙が出てきてしまうんです)

もう一つは、霊南坂教会のそばにある大倉集古館。
ここは、ホテルオークラ創始者大倉喜七郎の父で、明治の実業家大倉喜八郎が
1917年に創立した、日本初の私立美術館です。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/shukokan/
大倉集古館01.jpg

大倉集古館02.jpg

ちょうど「爽やかな日本美術」の企画展示が行われています。
大倉集古館03パンフ.jpg

大倉集古館04入場券.jpg

今回の企画展の目玉は「洞窟の頼朝」(前田青邨:1929)。
大きな屏風に迫力ある絵でした。切手等で知ってはいたのですが、
実物はやはり迫力がありました。

そのほか、パンフ表紙の「淀の水車」、「四季の若草図巻」等が
目を引きました。特に「四季の若草図巻」は江戸の四季を巻物に
仕立てたもので、庶民の生活や四季折々の植物が細かい線で
繊細に描写されていて、思わず見とれてしまいました。

また展示室の外にはいろいろな像が展示してあり、裏手は
静かな庭園になっています。

大倉集古館05.jpg

大倉集古館06.jpg

大倉集古館07.jpg

久しぶりに充実した水曜の午後でした。

美術館・博物館 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。